経歴および業績

 

 

氏  名  竹村治雄

性  別  男

生年月日  195843日生

 

 

           1982年 3        大阪大学基礎工学部情報工学科 卒業

                   1984年 3        大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程物理系専攻 修了

                   1987年 3                  博士後期課程物理系専攻 単位取得退学

 

           1987年 4        株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 入社

                   1992年 4                                                                  主任研究員

                   1994年 3                                                                  退社

                   1994年 4        奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授

                                               1998 10月〜19997 トロント大学工学部客員助教授)

                   2001年 4月  大阪大学 サイバーメディアセンター

情報メディア教育研究部門 教授

 

       

           1987年 7        工学博士(大阪大学)

 

           なし


 

200011月22日現在

研 究 業 績 調 書

氏  名   竹

1.著書

1.       竹村 治雄他(共著), ”VR世界の構成手法”, 廣瀬通孝編, 培風館, 2000.

2.       竹村 治雄他(共著), ”知能情報メディア”, 田村秀行, 池田克夫編, 総研出版, 1995.

 

2.学術論文誌および成書掲載論文

 

1.         Shoichi Araki, Takashi Matsuoka, Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, “Real-Time Tracking of Multiple Moving Object Contours in a Moving Camera Image Sequence,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E83-D. No.7, pp.1583-1591, July 2000

2.         Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “SeamlessDesign for 3D Object Creation,” IEEE Multimedia, Vol.7, No.1, pp.22-33, March 2000.

3.         Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “Seamless Switching of Shared Virtual and Augmented Environments for Collaboration Support,” 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.4, No.4, pp.657-664, November 1999.

4.         新井 浩一, 古田 重信, 森岡 荘吉, 川端 秀樹, 松本 美浩, 敏郎, 不二門 , 竹村 治雄, 武田 憲昭, “VR技術を用いたシミュレータの体験時間の検討”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.4. No. 4, pp.707-716, November 1999.

5.         金川 将成, 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “手の動作計測遅延が仮想物体の操作性に与える影響”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.4, No.3, pp.563-572, August 1999.

6.         大隈 隆史, 竹村 治雄, 横矢 直和, “拡張現実感システムのための画像からの実時間カメラ位置姿勢推定'“, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J82-D-II, No.10, pp.1784-1792, October 1999.

7.         神原 誠之, 大隈 隆史, 竹村 治雄, 横矢 直和, “ビデオシースルー型拡張現実感のための実時間ステレオ画像合成”,電子情報通信学会論文誌, Vol.J82-D-II, No.10, pp.1775-1783, October 1999.

8.         Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Virtual Space Teleconferencing System – A Synthetic Teleconferencing System,” Cyberworlds, T.L. Kunii and A. Luciani (Eds), pp.239-250, Springer, Tokyo, 1998

9.         草地 良規, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “動画像中の歩行者追跡による映像入れ換え合成”, 映像情報メディア学会誌, Vol.52, No.9, pp. 1357-1365, September 1998.

10.     Yoshio Onoe, Kazumasa Yamazawa, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “Telepresence by real-time view-dependent image generation from omnidirectional video stream,” Computer Vision and Image Understanding, Vol.71, No.2, pp. 154 – 165, August 1998

11.     山澤 一誠, 尾上 良雄, 横矢 直和, 竹村 治雄,”全方位画像からの視線追従型実時間画像生成によるテレプレゼンス”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J81-D-II, No.5, pp.880-887, May 1998.

12.     Yoshifumi Kitamura, Andrew Smith, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “A real-time algorithm for accurate collision detection for deformable polyhedral objects,” PRESENCE, Vol.7, No.1, pp.36-52, February 1998.

13.     大隈 隆史, 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和,”Spiral Tree: 順序付き階層構造の三次元視覚化手法”,電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J81-A, No.2, pp.280-288, February 1998.

14.     荒木 昭一, 横矢 直和, 竹村 治雄, “交差判定により分裂・統合する動的輪郭モデルによる複数移動物体の実時間追跡”, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J80-D-II, No.11, pp.2940-2948, November 1997.

15.     清川 , 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和,”両手操作を用いた仮想物体モデラVLEGO”,電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J80-A, No.9, pp.1517-1526, September 1997.

16.     清川 , 竹村 治雄, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “複数仮想物体の協調接合操作における一操作補助手法”, 映像情報メディア学会誌, Vol.51, No.7, pp.1079-1085, July 1997.

17.     茶園 , 山澤 一誠, 横矢 直和, 竹村 治雄, “全方位ステレオ視による3次元情報の獲得”,映像情報メディア学会誌, Vol.51, No.10, pp.1745-1753, October 1997.

18.     荒木 昭一, 横矢 直和, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, “複数物体の抽出を目的とした交差判定により分裂する動的輪郭モデル”, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J79-D-II, No.10, pp.1704-1711, October 1996.

19.     辰野 由美子, 鈴木 , 横矢 直和, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, “全周計測距離データを用いた顔基本6表情の解析と合成”, テレビジョン学会誌, Vol.50, No.10, pp.1474-1481, October 1996.

20.     北村 喜文, 竹村 治雄, ナレンドラ・アフジャ, 岸野 文郎, “octreeと多面体表現を用いた三次元物体間の衝突検出”, ロボット学会誌, Vol.14,No.5, pp.121-130, September 1996.

21.     石淵耕一, 岩崎圭介, 竹村 治雄, 岸野 文郎, “画像処理を用いた実時間手振り推定とヒューマンインタフェースへの応用, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J79-D-II, No.7, pp.1218-1229, July 1996

22.     北村 喜文, アンドリュー スミス, 竹村 治雄, 岸野 文郎, “並列計算機による三次元物体の実時間衝突面検出”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), Vol.J78-D-I, No.8, pp.788-797, August 1995.

23.     Jun Ohya, Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura, Ishii H., Fumio Kishino and Terashima N., “Virtual Space Teleconferencing: Real-time Reproduction of 3D Human Images,” Journal of Visual Communication and Image Representation, Vol.6, No.1, pp.1-25, January 1995.

24.     竹村 治雄, 北村 喜文, シャネゾン アラン, 岸野 文郎, “仮想現実環境における物体配置タスクの一操作補助手法”, テレビジョン学誌, Vol.48,No.10,pp.1312-1317, October 1994.

25.     Fumio Kishino, Jun Ohya, Haruo Takemura and Terashima, N., ”Virtual Space Teleconferencing System - Real Time Detection and Reproduction of 3-D Human Images,” Advances in Human Factors/Ergonomics, 19B, pp.669-674, August 1993.

26.     Ishibuchi K., Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Real-Time Multi-Hand Detection for Human-Computer Interaction,” Advances in Human Factors/Ergonomics, 19B, pp.1040-1045, August 1993.

27.     Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Cooperative Work Environment Using Virtual Workspace,” Visual Computing: Integrating Computer Graphics with Computer Vision, pp. 171-181, June 1992.

28.     竹村 治雄, 岸野 文郎, “臨場感通信会議と仮想空間操作”, 映像研究特別論文集CG'92, pp.188-193, March 1992.

29.     竹村 治雄, 伴野 , “時分割両眼立体視を用いた3次元指示入力操作の評価”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J74-D-I, No.1 pp.33-38, January 1991.

30.     竹村 治雄, 西中芳幸, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ソフトウェア手法によるポイント効率の改善について”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J70-D, No. 12, pp.2402-2409 December 1987.

31.     竹村 治雄, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ポイント手法についての評価”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J70-D, No. 7, pp.1265-1271 July 1987.

32.    竹村 治雄, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ユーザインタフェース作成支援システムの設計と試作について”, 情報処理学会論文誌, Vol. 28, No. 5 pp. 506-515 May 1987.

 

3.国際会議会議録掲載論文

 

1.         Masatoshi Matsumiya, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “An Immersive Modeling System for 3D Free-form Design Using Implicit Surfaces,” in Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, pp. 67-74, Seoul, Korea, October 2000.

2.         Masayuki Kanbara, Hirofumi Fujii, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “A Stereo Vision-based Augmented Reality System with an Inertial Sensor,” IEEE and ACM International Symposium on Augmented Reality (ISAR2000), pp. 97-100, Munich, Germany, October, 2000.

3.         Masayuki Kanbara, Hidehiko Iwasa, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “A Stereo Vision-based Augmented Reality System with a Wide Range Registration,” in Proceedings of the 15th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2000), Vol. 4, pp. 147-151, Barcelona, Spain, September, 2000.

4.         Koichiro Yamaguchi, Haruo Takemura, Kazumasa Yamazawa and Naokazu Yokoya, “Real-time Generation and Presentation of View-dependent Binocular Stereo Images Using a Sequence of Omnidirectional Images,” in Proceedings of the 15th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2000), Barcelona Spain, Vol.4, pp.589-593, September 2000.

5.         Jun Shimamura, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, Kazumasa Yamazawa, “Construction and Presentation of a Virtual Environment Using Panoramic Stereo Images of a Real Scene and Computer Graphics Models,” in Proceedings of the 15th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2000), Barcelona Spain, Vol.4, pp.463-467, September 2000.

6.         Jun Shimamura, Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, Kazumasa Yamazawa, “Construction of an Immersive Mixed Environment Using an Omnidirectional Stereo Image Sensor,” in Proceedings of IEEE Workshop on Omnidirectional Vision, pp62-69, June 2000.

7.         Masayuki Kanbara, Takasi Okuma, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “A Stereoscopic Video See-through Augmented Reality System Based on Real-time Vision-based Registration,” IEEE Virtual Reality 2000 International Conference (VR 2000), pp. 255-262, New Brunswick, March 2000.

8.         Kazumasa Yamazawa, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “Virtual Tours into a Visualized Dynamic Real World using an Omni-Directional Video Camera,” in Proceedings of the 4th Asian Conference on Computer Vision, Vol. 1, pp. 5-10, Taipei, January 2000.

9.         Ryutarou Miki, Naokazu Yokoya, Kazumasa Yamazawa, Haruo Takemura, “A Real-time Surveillance and Monitoring System Using Multiple Omnidirectional Video Cameras,” in Proceedings of the 4th Asian Conference on Computer Vision, Vol. 1, 528-534, Taipei, January 2000.

10.     Kentaro Kichiyoshi, Hidehiko Iwasa, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “Data visualization for supporting query-based data mining,” in Proceedings of 1999 IEEE Conference on Systems, Man and Cybernetics, Vol.V, pp.888-893, October 1999.

11.     Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “A Collaboration Supporting Technique by Integrating a Shared Virtual Reality and a Shared Augmented Reality,” in Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Vol. VI, pp.48-53, Tokyo, 1999.

12.     Hidenori Yamamoto, Hidehiko Iwasa, Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, “Content-based similarity retrieval of images based on spatial color distribution,” in Proceedings of the 10th International Conference on Image Analysis and Processing, pp.951-956, September 1999.

13.     Masatoshi Matsumiya, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Naokazu. Yokoya,  “An Immersive Modeler for Curved Objects Using Implicit Surfaces,” in Proceedings of the International Society for Optical Engineering '99 (SPIE '99), Vol.3833, pp.109-120, Boston, September 1999.

14.     Masayuki Kanbara, Takasi Okuma, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “Real-time Composition of Stereo Images for Video See-through Augmented Reality,” IEEE International Conference on Multimedia Computing and Systems (ICMCS'99), Vol. I, pp.213-219, Florence, Italy, June 1999.

15.     Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, Takasi Okuma and Masayuki Kanbara, “Stereo Vision Based Video See-through Mixed Reality,” The First International Symposium on Mixed Reality (ISMR'99), pp. 131-145, Pacifico Yokohama Conference Center, Japan, March 1999.

16.     Kiyoshi Kiyokawa, Hidehiko Iwasa, Haruo Takemura, Naokazu Yokoya, “Collaborative Immersive Workspace through a Shared Augmented Environment,” in Proceedings of the International Society for Optical Engineering '98 (SPIE '98), Vol.3517, pp.2-13, Boston, November 1998.

17.     Norikazu Hiraki, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura and Naokazu Yokoya, “Imposing Geometric Constraints on Virtual 3-D Objects within an Immersive Modeler,” in Proceedings of the International Society for Optical Engineering '98 (SPIE '98), Vol.3517, pp.215-226, Boston, November 1998.

18.     Takashi Okuma, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “An augmented reality system using real-time vision based registration,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. IV, Brisbane, Queensland, Australia, August 1998.

19.     Yoshio Onoe, Kazumasa Yamazawa, Naokazu Yokoya, and Haruo Takemura, “Visual surveillance and monitoring system using an omnidirectional video camera,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. IV, Brisbane, Queensland, Australia, August 1998.

20.     T. Kawanishi, Kazumasa Yamazawa, Hidehiko Iwasa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “Generation of high-resolution stereo panoramic images by omnidirectional imaging sensor using hexagonal pyramidal mirrors,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. IV, Brisbane, Queensland, Australia, August 1998.

21.     S. Araki, T. Matsuoka, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “Real-time tracking of multiple moving objects in moving camera image sequences using robust statistics,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. I, Brisbane, Queensland, Australia, August 1998.

22.     Kuo-chang Hwang, Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, and Kazumasa Yamazawa, “A factorization method using 3-D linear combination for shape and motion recovery,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. I, Brisbane, Queensland, Australia, August 1998.

23.     N. Aihara, Hidehiko Iwasa, Naokazu Yokoya, Haruo Takemura, “Memory-based Self-localization Using Omnidirectional Images,” in Proceedings of the. 14th IAPR International Conference on Pattern Recognition (14ICPR), Vol. I, Brisbane, Queensland Australia, August 1998.

24.     Atsushi Chaen, Kazumasa Yamazawa, Naokazu Yokoya, and Haruo Takemura, “Acquisition of three-dimensional information using omnidirectional stereo vision,” in Proceedings of the 3rd Asian Conference on Computer Vision (ACCV'98), Vol. I, pp.288-295, Hong Kong, January 1998.

25.     N. Hiraki, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “Imposing geometric constraints on virtual objects within an immersive modeler,” in Proceedings of the 7th International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence (ICAT'97), pp.178-183, Tokyo, Japan, December 1997.

26.     N. Kishikawa, Haruo Takemura, Hidehiko Iwasa, and Naokazu Yokoya, “A 3-D architecture design system using hand-drawn sketches,” in Proceedings of the International Workshop on Perceptual User Interfaces (PUI'97), pp.36-37, Banff, Canada, October 1997.

27.     Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “Manipulation aid for two-handed 3-D designing within a shared virtual environment,” in Proceedings of the 7th International Conference on Human-Computer Interaction, Vol.2, pp.937-940, San Francisco, California, August 1997.

28.     S. Araki, Naokazu Yokoya, and Haruo Takemura, “Tracking of multiple moving objects using split-and-merge contour models based on crossing detection,” in Proceedings of the Vision Interface '97, pp.65-72, Kelowna, British Columbia, Canada, May 1997.

29.     T. Satoh, Hidehiko Iwasa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “Visualization of black holes based on computational relativistic fluid dynamics,” in Proceedings of the 1st Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing (PSFVIP-1), Vol.2, pp.712-717, Honolulu, Hawaii, USA, February 1997.

30.     S. Araki, Naokazu Yokoya, Hidehiko Iwasa, and Haruo Takemura, “Split-and-merge contour models based on crossing detection for tracking multiple moving objects,” in Proceedings of the 1997 Real World Computing Symposium (RWC'97), pp.424-431, Tokyo, January 1997.

31.     Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Naokazu Yokoya, “An empirical study on two-handed/collaborative virtual assembly,” in Proceedings of the 3rd International Display Workshops (IDW'96), Vol.2, pp.477-480, Kobe, Japan, November 1996.

32.     Y. Tatsuno, S. Suzuki, Naokazu Yokoya, Hidehiko Iwasa, and Haruo Takemura, “Analysis and synthesis of six primary facial expressions using range images,” in Proceedings of the 13th IAPR International Conference on Pattern Recognition (13ICPR), Vol. III, pp.489-493, Vienna, Austria, August 1996.

33.     R. Funayama, Naokazu Yokoya, Hidehiko Iwasa, and Haruo Takemura, “Facial component extraction by cooperative active nets with global constraints,” in Proceedings of the 13th IAPR International Conference on Pattern Recognition (13ICPR), Vol. II, pp.300-304, Vienna, Austria, August 1996.

34.     Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Yoshiaki Katayama, Hidehiko Iwasa, and Naokazu Yokoya, “VLEGO, A simple two-handed modeling environment based on toy blocks,” in Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology 1996 (VRST'96), pp.27-34, Hong Kong, July 1996.

35.     T. Okuma, Haruo Takemura, Yoshiaki Katayama, Hidehiko Iwasa, and Naokazu Yokoya, “3D visualization of hierarchical ordered information: Spiral Trees,” Advances in Applied Ergonomics: in Proceedings of the 1st International Conference on Applied Ergonomics (ICAE'96), pp.668-671, Istanbul, Turkey, May 1996.

36.     Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, Yoshiaki Katayama, Hidehiko Iwasa, and Naokazu Yokoya, “A two-handed immersive modeler: VLEGO,” in Proceedings of the 1st International Conference on Applied Ergonomics (ICAE'96), pp.1-4, Istanbul, Turkey, May 1996.

37.     Satoru Suzuki, Y. Tatsuno, Naokazu Yokoya, Hidehiko Iwasa, and Haruo Takemura, “Analysis and synthesis of human facial expression using range images,” in Proceedings of the 2nd Asian Conference on Computer Vision (ACCV'95), Vol. II, pp. II-474-478, Singapore, December 1995.

38.     Shoichi. Araki, Naokazu Yokoya, Hidehiko Iwasa, and Haruo Takemura, “A new splitting active contour model based on crossing detection,” in Proceedings of the 2nd Asian Conference on Computer Vision (ACCV'95), Vol. II, pp. II-346-350, Singapore, December 1995.

39.     Yoshifumi Kitamura, Andrew Smith, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Parallel algorithm for real-time colliding face detection,” in Proceedings of the IEEE International Workshop on Robot and Human Communication ROMAN, pp.211-218, July 1995.

40.     Andrew Smith., Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “A Simple and Efficient Method for Accurate Collision Detection among Deformable Polyhedral Objects in Arbitrary Motion,” in Proceedings of IEEE Virtual Reality Annual International Symposium (VRAIS’95), pp. 136-145, March 1995.

41.     Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemur and Fumio Kishino, “A sophisticated user interface in a virtual environment based on the constraints among faces,” in Proceedings of the Second France-Japan Workshop on Synthetic World, Paris, France, January 1995.

42.     Paul Milgram, Haruo Takemura, Akira Utsumi and Fumio Kishino, “Augmented Reality: A class of displays on the reality-virtuality continuum,” in Proceedings of the SPIE Vol. 2351, Telemanipulator and Telepresence Technologies, October 1994.

43.     Akira Utsumi, Paul Milgram, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Effects of fuzziness in perception of stereoscopically presented virtual object location,” in Proceedings of the SPIE Vol. 2351, Telemanipulator and Telepresence Technologies, October 1994

44.     Akira Utsumi, Paul Milgram, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Investigation of Errors in Perception of Stereoscopically Presented Virtual Object Locations in Real Display Space,” in Proceedings of the Human Factors and Ergonomics Society 38th Annual Meeting, HFES’94, Nashville, October 1994.

45.     Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura, Narendra Ahuja and Fumio Kishino, “Efficient Collision Detection Among Objects in Arbitrary Motion Using Multiple Shape Representations,” in Proceedings of the International Conference on Pattern Recognition, pp. 390-396, Jerusalem, Israel, October 1994.

46.     Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Coarse-to-fine collision detection for real-time applications in virtual workspace,” in Proceedings of the International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT '94), pp.147-157, July 1994

47.     Paul Milgram, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Merging Real and Virtual Worlds,” in Proceedings of the First IEEE/IEICE International Workshop on Networked Reality in Telecommunications (NR94), May 1994.

48.     Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura, Narendra Ahuja and Fumio Kishino, “Interference Detection Among Objects for Operator Assistance in Virtual Cooperative Workspace,” in Proceedings of the IEEE International Workshop on Robot and Human Communication ROMAN ’93, pp. 442-447, Tokyo, November 1993.

49.     Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura, Narendra Ahuja and Fumio Kishino, “Efficient Interference Detection Among Objects Using Octree and Polyhedral Shape Representations,” in Proceedings of the first Asian Conference on Computer Vision, pp. 775--779, Osaka, Japan, November 1993.

50.     Ishibuchi K., Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Real-Time Hand Gesture Recognition Using 3D Prediction Model,” in Proceedings of IEEE Conference on Systems, Man and Cybernetics SMC’93, pp. 324-328, October 1993.

51.     Jun Ohya, Yoshifumi Kitamura, Haruo Takemura, Fumio Kishino and Nobuyoshi Terashima, “Real-time Reproduction of 3D Human Images in Virtual Space Teleconferencing,” in Proceedings of IEEE Virtual Reality Annual International Symposium VRAIS'93, pp.408-414, September 1993.

52.     Chanezon A., Haruo Takemura, Yoshifumi Kitamura and Fumio Kishino, “A Study of an Operator Assistant for Virtual Space,” in Proceedings of IEEE Virtual Reality Annual International Symposium VRAIS'93, pp.492-498, September 1993.

53.     Haruo Takemura, Yoshifumi Kitamura, Jun Ohya and Fumio Kishino, “Distributed Processing Architecture for Virtual Space Teleconferencing,” in Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence ICAT'93, pp.27-32, July 1993.

54.     Takeshi Onishi, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Manipulation of Graphics Objects by Using Hand Gestures,” in Proceedings of IMAGINA ’93, pp. 129-134, February 1993

55.     Mochizuki K., Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Object Manipulation and Layout in a 3D Virtual Space Using a Combination Hand Gesture and Natural Language,” in Proceedings of SPIE Sensor Fusion V, Vol. 1828, pp. 106-113, November 1992.

56.     Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Cooperative Work Environment Using Virtual Workspace,” in Proceedings of Conference on Computer Supported Cooperative Work CSCW92, pp.226-232, November 1992.

57.     Koichi Ishibuchi, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Real-Time Hand Shape Recognition for Man-Machine Interface,” Proceedings of IEEE Conference on Systems, Man and Cybernetics SMC’92, pp.1407-1412, October 1992.

58.     Koichi Ishibuchi., Haruo Takemura and Fumio Kishino, “Real-time Hand Shape Recognition Using Pipe-line Image Processor,” in Proceedings of IEEE workshop on Robot and Human Communication (ROMAN ’92), pp. 111-116, September 1992.

59.     Takeshi Onishi, Haruo Takemura and Fumio Kishino, “A Hand Shape Representation for an Interactive Environment,” in Companion of the Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’92), pp. 63, May 1992.

60.     Haruo Takemura, Akira Tomono, Yukio Kobayashi, “A Study of pseudo-workspace using a stereoscopic display,” in Proceedings of the SPIE Vol. 1195 Mobile Robots IV, pp.371-377, November 1989.

61.     Haruo Takemura, Akira Tomono, Yukio Kobayashi, “A Study of Human-Computer Interaction via Stereoscopic Display,” in Proceedings of the Third International Conference on Human-Computer Interaction, pp.496-503, September 1989.

62.    Haruo Takemura, Akira Tomono, Yukio Kobayashi, “A Evaluation of 3-D Object Pointing Using a Field Sequential Stereoscopic Display,” in Proceedings of the Graphics Interface '88, June 1988.

 

4.解説論文

 

1.         竹村 治雄, “都市環境VRシステムにおける実写画像からの3D情報の再構成”, 光技術コンタクト, Vol. 38, No.1, January 2000.

2.         竹村 治雄, “ネットワークを使ったコミュニケーション”, 日本バーチャルリアリティ学会誌, No. 4, Vol. 1, pp. 59-63, June 1999

3.         竹村 治雄, 野村淳二, “都市環境ヒューマンメディアの研究開発”, システム/制御/情報, Vol.42, No. 5, pp.260-267, May 1998.

4.         竹村 治雄, 岸野 文郎, “仮想環境の共有による協調作業とヒューマンインタフェース”, O plus E, No. 179, pp. 127-140, October 1994.

5.         岸野 文郎, 竹村 治雄, “仮想空間を作る”, bit4月号別冊, pp.110-122, April 1994

6.         竹村 治雄, “仮想空間を利用した協調作業環境”, 日本人間工学会誌, Vol. 29, No. 3, July 1993.

7.         竹村 治雄, 岸野 文郎, “人工現実感によるヒューマンインタフェース”, テレビジョン学会誌, Vol.44, No.8, pp.981-985 August 1990.

 

5.国内会議会議録(査読あり)

 

1.         島村潤, 山澤一誠, 竹村 治雄, 横矢直和, “全周実画像とCGモデルの合成による仮想環境の構築”, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000), Vol. II, pp.367-372, July 2000

2.         粟飯原 述宏, 岩佐 英彦, 横矢 直和, 竹村 治雄, “時系列全方位画像を用いた記憶に基づく位置推定”, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'98), July 1998.

3.         山澤 一誠, 尾上 良雄, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位画像センサによる実時間テレプレゼンスと画像表示遅延に関する実験的評価”, 3回知能情報メディアシンポジウム講演論文集, pp. 339-334, December 1997.

4.         櫻井 保志, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “距離画像を用いた顔方向と表情によらない顔認識”, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'96)講演論文集, Vol. I, pp. I-181-186, July 1996.

5.         松原 重徳, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “ステレオ視による奥行き推定に基づく実画像と仮想物体の合成”, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'96)講演論文集, Vol. I, pp. I-43-48, July 1996.

 

6.国内会議会議録(査読なし)

 

  1. 戎野 聡一, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位ステレオ画像センサによる実環境の仮想環境への取り込み”, 電子情報通信学会技術研究報告,MVE99-82, pp.37-44, March 2000.
  2. 松川 昌洋 , 神原 誠之, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “GPSと三軸角度センサを用いた多視点ステレオによる屋外環境構造の再構成”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU99-266, March 2000.
  3. 一成 , 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “文書情報の可視化による検索絞り込み支援”, 2000年電子情報通信学会技術研究報告(パターン認識・メディア理解), Vol.99, No.263, pp.15-20, March 2000.
  4. 藤井 博文 , 神原 誠之, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “拡張現実のためのジャイロセンサを併用したステレオカメラによる位置合わせ”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU99-192, January 2000.
  5. 神原 誠之, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “マーカの切替え追跡による広範囲位置合わせ可能なビデオシースルー型拡張現実感”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRMU99-199, January 2000.
  6. 藤井 博文 , 神原 誠之, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “ジャイロセンサを用いたビジョンベースドARのためのマーカ追跡手法”, 電子情報通信学会技術研究報告 MVE99-59, December 1999.
  7. 山口 晃一郎 , 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位動画像を用いた任意方向両眼ステレオ画像の実時間生成と提示”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU99-159, November 1999.
  8. 島村 , 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全周実画像とCGモデルの合成による仮想環境の構成と提示”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU99-59, July 1999.
  9. 山本 英典, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “色情報の空間分布を考慮した類似画像検索”, 電子情報通信学会技術研究報告,EID98-171, February 1999.
  10. 吉吉 健太郎, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “可視化されたデータベースからの規則性発見に基づくデータマイニング”, 電子情報通信学会技術研究報告, EID98-173, February 1999.
  11. 牛場 敬裕, 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “テクスチャを利用した視点依存型ポリゴンリダクション”. 電子情報通信学会技術研究報, EID98-172, February 1999.
  12. 三木 隆太, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “複数の全方位画像センサを用いた遠隔監視システム”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRMU98-177, January 1999.
  13. 山本 英典, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “可変構図テンプレートを用いた色情報に基づく類似画像検索手法の実験的評価”, 画像電子学会第167回研究会講演予稿, pp.13-18, November 1998.
  14. 山澤 一誠, 尾上 良雄, 川西 隆仁, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位画像センサを用いたテレプレゼンス”, 映像メディア処理シンポジウム(IMPS98)講演論文集, pp.107-108, October 1998.
  15. 大隈 隆史, 神原 誠之, 竹村 治雄, 横矢 直和, “実時間位置合わせによるビデオシースルー型複合現実”, 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感技術研究会, September 1998.
  16. 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “共有仮想空間を介した対面式協調作業環境における視線知覚の影響の一検討”, 映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会技術報告,HIR98-89, September 1998
  17. 吉吉 健太郎, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “視覚的な知識発見のための数値データの可視化手法の検討”, 14回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム(Human Interface '98)論文集, pp.351-356, September 1998.
  18. 島村 , 北村 喜文, 岸野 文郎, 竹村 治雄, 横矢 直和, “実時間ウォークスルーを目的とした全周実画像を遠景に用いた仮想環境の構成法”, 映像情報メディア学会 ネットワーク映像メディア研究会技術報告, NIM98-77, July 1998.
  19. 島村 , 北村 喜文, 岸野 文郎, 竹村 治雄, 横矢 直和, “実時間ウォークスルーを目的とした全周実画像を遠景に用いた仮想環境の構成法”, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.22, No.39, pp.31-36, July 1998.
  20. 神原 誠之, 大隈 隆史, 竹村 治雄, 横矢 直和, “複合現実感のための実時間ステレオ画像合成”, 映像情報メディア学会技術報告, ヒューマンインフォメーション, Vol.22, No.33, pp.31-36, June 1998.
  21. 三木 隆太朗, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和,”全方位視覚センサを用いたサーベイランスと位置検出”, 映像情報メディア学会技術報告書, Vol.22, No.32, pp.31-36, June 1998.
  22. 粟飯原 述宏, 岩佐 英彦, 横矢 直和, 竹村 治雄, “時系列全方位画像を用いた記憶に基づく位置推定”, 電子情報通信学会技術研究報告 IE97-158, February 1998.
  23. 松岡 隆志, 荒木 昭一, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “移動カメラ画像からの移動物体輪郭の抽出・追跡とDSPによる実時間処理”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU97-235, February 1998.
  24. 世利 至彦, 大隈 隆史, 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “汎用3次元ユーザインタフェースツールキットの実装”, 電子情報通信学会技術研究報告 IE97-157, February 1998.
  25. 金川 将成, 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “手の位置計測遅延が仮想物体の操作性に与える影響の検討”, 電子情報通信学会技術研究報告 IE97-159, February 1998.
  26. 横矢 直和, 竹村 治雄, 岩佐 英彦, 山澤 一誠, “移動カメラ画像からの移動物体の抽出・追跡とその実時間処理”, 3回重点領域研究「知能ロボット」シンポジウム予稿集, pp.45-48, January 1998.
  27. 山澤 一誠, 尾上 良雄, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位カメラを利用した遠隔臨場感の提示”, クラスルームビジョンシンポジウム(CRV'98)講演論文集, pp.59-66, January 1998.
  28. 仲村 元亨, 大隈 隆史, 竹村 治雄, 横矢 直和, “AR環境における情報の生成・管理手法の一考察”,  情報処理学会研究報告 HI76-6, January 1998.
  29. 粟飯原 述宏, 岩佐 英彦, 横矢 直和, 竹村 治雄, “全方位画像を用いたイメージ記憶に基づく位置の推定”, 画像電子学会第160回研究会予稿, pp.21-24, November 1997.
  30. 川西 隆仁, 山澤 一誠, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “六角錐ミラーを用いた全方位ステレオ画像センサによる高解像度ステレオパノラマ画像の作成”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU97-118, October 1997.
  31. 仲村 元亨, 大隈 隆史, 竹村 治雄, 横矢 直和, “AR環境におけるカード型情報管理システム”, 13回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集, pp.353-358, October 1997.
  32. 大隈 隆史, 清川 , 竹村 治雄, 横矢 直和, “ビデオシースルー型拡張現実のためのカメラパラメータの実時間推定”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU97-113, October 1997.
  33. 竹村 治雄, 大隈 隆史, 横矢 直和, “ビデオ・シースルー・HMDにおける表示時間遅れについて”, 映像情報メディア学会技術報告 HIR97-73, September 1997.
  34. 尾上 良雄, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “全方位画像センサを用いた実時間テレプレゼンスと画像表示遅延に関する実験的評価”, 情報処理学会研究報告 CG86-10, August 1997.
  35. 尾上 良雄, 山澤 一誠, 横矢 直和, 竹村 治雄, “全方位画像からの視線追従型実時間画像生成によるテレプレゼンス”, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU97-20, May 1997.
  36. 竹村 治雄, 清川 , 横矢 直和, “仮想環境没入型モデラVLEGOを拡張したデザイン環境の試作”, 電子情報通信学会技術研究報告,MVE96-66, February 1997.
  37. 茶園 , 山澤 一誠, 横矢 直和, 竹村 治雄, “HyperOmni Visionによる全方位ステレオ視”. 電子情報通信学会技術研究報告,IE96-122, February 1997.
  38. 岸川 晋久, 竹村 治雄, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “3次元建築CADにおける手描きスケッチを用いたインタフェースの検討”, 電子情報通信学会技術研究報告,IE96-111, February 1997.
  39. 大隈 隆史, 竹村 治雄, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “重畳表示による作業領域拡大の実験評価”, 電子情報通信学会技術研究報告,IE96-109, February 1997.
  40. 朝岡 , 横矢 直和, 山澤 一誠, 竹村 治雄, “ロバスト統計を用いた背景位置合わせに基づく移動カメラ画像からの移動物体抽出”, 電子情報通信学会技術研究報告,PRMU96-145, January 1997.
  41. 草地 良規, 山澤 一誠, 竹村 治雄, 横矢 直和, “階層的なモデルマッチングによる動画像における歩行者の追跡と映像合成への応用”, 電子情報通信学会技術研究報告,PRMU96-109, December 1996.
  42. 藤本 泰史, 岩佐 英彦, 横矢 直和, 竹村 治雄, “固有空間内の軌跡の類似性に基づく動画像検索”,  電子情報通信学会技術研究報告,PRMU96-110, December 1996.
  43. 茶園 , 山澤 一誠, 横矢 直和, 竹村 治雄. “HyperOmni Visionを用いた全方位ステレオ”, 画像電子学会第154回研究会予稿, pp.21-24, November 1996.
  44. 清川 , 世利 至彦, 竹村 治雄, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “仮想物体組み立て操作における表示装置による影響の検討”, テレビジョン学技術報告, HIR96-, October 1996.
  45. 荒木 昭一, 横矢 直和, 岩佐英彦, 竹村 治雄, :”交差判定により分裂・統合する輪郭モデルによる複数移動物体の追跡”, 電子情報通信学会技術研究報告,PRMU96-21, May 1996.
  46. 寺久保 , 横矢 直和, 岩佐英彦, 竹村 治雄, “2段階アフィン変換による背景位置合わせに基づく移動カメラ画像からの動物体の抽出”, 計測自動制御学会 35回パターン計測部会研究会資料, pp.23-30, April 1996.
  47. 佐藤 , 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, “物体の相対論的運動の重力場光線追跡法による可視化”, 電子情報通信学会技術研究報告, IE95-126, February 1996.
  48. 土本 光一, 大隈 隆史, 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “三次元視覚化における奥行き提示方法の効果に関する実験的評価”, 電子情報通信学会技術研究報告, IE95-130, February 1996.
  49. 竹村 治雄, 清川 , 横矢 直和, “共有仮想空間における仮想物体操作補助手法の提案と評価”, テレビジョン学技術報告, HIR96-29, February 1996.
  50. 櫻井 保志, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, 横矢 直和, 加藤 , “全周距離データを用いた固有空間法による顔認識”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU95-193, January 1996.
  51. 辰野 由美子, 鈴木 , 横矢 直和, 岩佐 英彦, 竹村 治雄, “距離データを用いた顔基本6表情の解析と合成”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU95-193, January 1996.
  52. 船山 竜士, 横矢 直和, 岩佐英彦, 竹村 治雄, “複数の動的な網のモデルの協調とその顔部品抽出への応用”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU95-179, December 1995.
  53. 寺久保 , 横矢 直和, 岩佐英彦, 竹村 治雄, “2段階アフィン変換を利用した移動カメラ画像からの動物体の抽出”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU95-181, December 1995.
  54. 清川 , 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “仮想物体の組み立て作業を支援する操作手法”, 情報処理学会研究報告, HI63-4, November 1995.
  55. 大隈 隆史, 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “順序付き階層構造情報の三次元視覚化の一手法”, 情報処理学会研究報告, HI63-3, November 1995.
  56. 大隈 隆史, 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “SpiralTree: 順序つき階層構造情報の三次元視覚化”, 11回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム(Human Interface '95)論文集, pp.369-374, October 1995.
  57. 清川 , 竹村 治雄, 片山 喜章, 岩佐 英彦, 横矢 直和, “両手を用いた仮想環境没入型モデラ: VLEGO”, 11回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム(Human Interface '95)論文集, pp.375-380, October 1995.
  58. 荒木 昭一, 横矢 直和, 岩佐英彦, 竹村 治雄, “交差判定により分裂する動的輪郭モデルとその応用”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU95-21, May 1995.
  59. 今井 正和, 羽田 久一, 堀井 千夏, 山口 , 佐藤 宏介, 竹村 治雄, 横矢 直和, 千原 國宏, 忠雄, “曼陀羅図書館の構築の試み”, 電子情報通信学会技術研究報告,PRU95-32, May 1995.
  60. 河本 敏志, 竹村 治雄, 片山 喜章, 萩原 兼一, 横矢 直和, “音声メニュー同時提示方法の提案と評価”, 情報処理学会研究報告, HI59-7, March 1995.
  61. 土本 光一, 竹村 治雄, 片山 喜章, 萩原 兼一, 横矢 直和, “階層情報の3次元視覚化に関する評価”, 情報処理学会研究報告, HI59-8, March 1995.
  62. 今井 正和, 羽田 久一, 山口 , 佐藤 宏介, 竹村 治雄, 横矢 直和, 千原 國宏, 忠雄, “大学附属図書館電子化の試み”, 1995年電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-259, March 1995.
  63. 北村 喜文, 竹村 治雄, ナレンドラ アフジャ, 岸野 文郎, “仮想空間における協調作業支援を目的とした物体間の干渉チェック法に関する検討”, 計測自動制御学会  ヒューマンインタフェース部会部会報  Vol.8, No. 2, pp.247-254, 1993
  64. 大谷 , 北村 泰一, 竹村 治雄, “臨場感通信会議における3次元顔画像の実時間表示”, 電子情報通信学会技術研究報告, HC92-61, January 1993.
  65. 石淵 耕一, 竹村 治雄, 岸野 文郎, “パイプライン型画像処理装置を用いた実時間手形状認識”, 電子情報通信学会技術研究報告, HC92 May 1992.
  66. 大西 , 竹村 治雄, 岸野 文郎, “手ぶり認識のための手形状記述について”, テレビジョン学会画像通信システム研究会技術報告, Vol. 15, No. 25, pp.25--29 October 1991.
  67. 竹村 治雄, 岸野 文郎, “仮想空間を利用した協調作業環境の一検討”, 電子情報通信学会技術研究報告, HC91, September 1991.
  68. 竹村 治雄, 岸野 文郎, “仮想空間を利用した協調作業環境について”,情報処理学会研究報告 ヒューマンインタフェース, September 1991
  69. Guna Mourouvapin, Takeshi Onishi, Haruo Takemura, Fumio Kishino, “Hand Motion Interpretation Using Neural Network”, 第4回札幌国際コンピュータグラフィックスシンポジウム論文集, pp.38-42(1990-11)
  70. 大西 , 竹村 治雄, 岸野 文郎, “手ぶりを用いたユーザインタフェースに関する一検討”,電子情報通信学会技術研究報告, HC90-23 October 1990
  71. 竹村 治雄, 伴野 , 岸野 文郎, 小林 幸雄, “大型3次元表示装置を用いた仮想操作環境の試作”, 20回画像工学コンファレンス論文集, pp. 281-284, December 1989.
  72. 竹村 治雄, 伴野 , 岸野 文郎,  ステレオグラフィックスを用いた仮想操作環境の試作”, 情報処理学会グラフィックスとCAD研究会資料,43-6 February 1989.
  73. 竹村 治雄, 伴野 , 小林 幸雄, “運動視差を有する両眼立体視表示について”, 第2回札幌国際コンピュータグラフィックスシンポジウム論文集, pp.19-23, November 1989.
  74. 竹村 治雄, 伴野 , 小林 幸雄, “3次元指示入力の評価について”, 情報処理学会グラフィックスとCAD研究会資料, 34-4, August 1988.
  75. 竹村 治雄, 伴野 , 小林 幸雄, “立体視表示装置を用いた3次元指示入力特性について”, 電子情報通信学会技術研究報告, PRU87-82, January 1988.
  76. 竹村 治雄, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ポイント効率改善のためのソフトウェア手法について”, 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学, 52-25, February 1987.
  77. 竹村 治雄, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ポイント手法の評価について”, 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学, 50-3, September 1986.
  78. 竹村 治雄, 辻野 嘉宏, 荒木 俊郎, 都倉 信樹, “ユーザインタフェース作成支援システムについて”, 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学, 46-19, February 1986.

 

7.その他

 

           なし

 

8.その他の業績

 

8.1 所属学会

IEEE, ACM, Human Factors and Ergonomics Society, SPIE, 電子情報通信学会, 情報処理学会, 映像情報メディア学会, ヒューマンインタフェース学会, 日本バーチャルリアリティ学会

 

8.2      学会・国際会議などにおける活動暦

 

1.         情報処理学会 ヒューマンインタフェース研究連絡委員会 委員 1995年度~1998年度)

2.         情報処理学会 グループウェア研究委員会 運営委員 2000年度より)

3.         電子情報通信学会 システム情報ソサイエティ 知能情報メディア研究時限専門委員会 委員 19934月より)

4.         電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ 企画幹事(2000年度5月より)

5.         電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ マルチメディア仮想環境基礎研究専門委員会 委員 1996年度より)

6.         日本バーチャルリアリティ学会 理事 1996年度より)

7.         映像情報メディア学会 会誌編集企画幹事(1996年度より)

8.         映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究委員会 幹事 19954~19993月)

9.         計測自動制御学会 ヒューマンインタフェース部会運営委員会 委員(1996年度, 1998年度)

10.     ヒューマンインタフェース学会 会誌編集委員会 委員

11.     ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI) Reviewer19941997, 2000

12.     International Conference on Artificial Reality and Telexistence 国際会議Organizing Committee Member1992年より)

13.     同会議のProgram Co-Chair1997, 1999年)

14.     IEEE Virtual Reality International Conference 2001 Publication Chair 及び 国内実行委員長

15.     IFIP TC13 Conference INTERACT 2001 Paper co-chair and Program vice-chair (1999.10 2001.07)

 

8.3        学会講演等

 

1.         竹村 治雄, “仮想空間操作における力フィードバックの実現”, CG OSAKA’91 セミナー, June 1991

2.         竹村 治雄, “臨場感通信会議における協調作業”, 情報処理学会 連続セミナー'93 マルチメディアと協働, July 1993

3.         竹村 治雄, “臨場感通信会議”, 平成5年度電気学会  電子情報システム部門大会講習会, July 1993.

 

8.4 標準化団体寄書

 

なし

 

8.5 特許

 

1.         伴野 , 竹村 治雄, “3次元座標入力制御装置”, 63年特許願第177495,平成2年特許公開第027418

2.         伴野 , 竹村 治雄, “光学式3次元座標入力装置”, 63年特許願第177496, 平成2年特許公開第027419

3.         竹村 治雄, 伴野 , “3次元座標入力装置と3次元座標入力法”, 63年特許願第177497,平成2年特許公開第027420

4.         伴野 , 竹村 治雄, 石橋聡, 秋山健二, 鉄谷信二, 山口博幸, “視線追従型高速画像生成表示法”, 平成2年特許願第115996

5.         伴野 , 竹村 治雄, 石橋聡, 秋山健二, 鉄谷信二, 山口博幸, “高速画像生成表示法”, 平成2年特許願第098948

 

8.6 その他の活動

 

1.         通産省工業技術院 産業技術研究開発制度のよる「ヒューマンメディアの研究開発」研究開発プロジェクトのうち, 「都市環境ヒューマンメディアプロジェクト」主査(1996年度から2000年度まで)

2.         在団法人 イメージ情報科学研究所 バーチャルリアリティ研究委員会 学識委員(1993年度から現在に至る)